2016年4月25日月曜日

日本国内でも猛威を振るったランサムウェア、被害実録! ESET入れててよかった物語

神奈川県在住 飯野節夫さん(43才・仮名)の場合。

神奈川県内のメーカーに務める飯野節夫さん(43才・仮名)は、営業として入社して今年で21年目になるが先日総務の課長となり、会社での信用も厚い、頼れる男だ。
3月は異動のシーズンということもあり、総務の仕事はとても忙しかった。
去年から海外企業とのやりとりも始まったので、英語や中国語のメールでのやり取りを日常的にやるようになった。飯野さんは英語が苦手だったが、英文メールようやくどんなものが請求書で、見積もりで、ということはわかるようになってきた。

午前中に外出があり、ランチ後、ようやく一息ついたところで午前中にスマホで見かけたメールを思い出した。
「そういえば『Document_2』という添付ファイルが付いたメールが来ていたな・・・。
早く確認して夕方の会議資料を作らないとな。」
そう思い、飯野さんはメールを開いた。

2016年3月25日金曜日

ネットバンキングの不正送金が過去最悪の30億円に!あなたの口座は大丈夫?

銀行に行かずにお金の取引ができるネットバンキングは、とても便利ですよね。

しかし、ネットバンキングの不正送金被害が増え続けているのも事実 (>_<)

2015年は、な、なんと被害総額が30億円に達し、過去最悪の結果となってしまいました…!

増え続ける不正送金被害を食い止めるには、どうすればよいのでしょうか?
私たち個人ができることは何なのでしょうか。

今回は、ネットバンキングの不正送金の現状を追うとともに、被害防止のために心がけたいことをまとめます!

2016年3月23日水曜日

新入学・新社会人に送るセキュリティ心得

■ 環境が変わると、新しいことを覚えるので手一杯

春は、新入学、新社会人になる方にとっては、さまざまな環境が切り替わる季節です。
新しいものごとに触れる機会が増え、「○○に挑戦したい」「責任が増えた」「新しい人とのつながりができた」「新しいパソコンを買った」などと、緊張や緩和を繰り返すことが多くなる季節でもあります。

新しい環境に入っていくときには、慣れていない行動をする機会が多くなったり、行動範囲が広がったりします。緊張と緩和の落差を経験する機会が増えますから、結果として、精神的に疲れることになります。

そして、「自分たちの環境の中に、どんな人が来るのか?」といったことは、新入学や新社会人だけでなく受け入れる環境にいる方も同様に感じているものなので、自分も相手も緊張と緩和の落差を感じることになります。

人間は適度な緊張であれば能力を発揮しやすくなりますが、過度に緊張または緩和していれば普段よりも覚えることに集中できなくなるものです。
ガチガチに固まった状態では、簡単なことであっても、やるべきことをスムーズにできないかもしれません。また、寝ぼけた状態で精度の高い仕事を行なうことは困難です。

とはいえ、新しい環境下であっても避けて通れなかったりすることは必ずあるので、新しいことを覚えるので手一杯だとしても、落ち着いて対応することが必要です。
今回は、春先のセキュリティ対策についてのお話です。

2016年3月17日木曜日

ESETバージョン9、いよいよリリース。新機能を徹底紹介。

世界180カ国、1億ユーザーに支持されているESETセキュリティソフトウェアのWindows向けプログラム 新バージョン9.0 がいよいよ本日3月17日(木)より提供開始となります。

バージョン8においても「高いウイルス検出率」「軽快な動作」を両立し、数々のアワード・認定の実績(※1)や、顧客満足度の高さ(※2)など、製品として厚い支持を受けてきたESETセキュリティソフトウェアですが、バージョン9.0では、新機能も追加されます。

今回追加される注目の機能は、こちらです。
● インターネットバンキング保護の機能(新機能)
● 不正送金ウイルスやフィッシング詐欺への検出・防御を強化

2016年3月11日金曜日

セキュリティソフトは必要? バージョンアップは必要?

銀行や信用金庫などの金融機関を利用する際、インターネットバンキングを利用する場面が増えています。わざわざ銀行まで行かなくてもインターネットにつながったパソコンや端末から金融機関を利用できて便利ですね。

また、その日に入金しないといけない急な振込があったのを、閉まる金融機関が多い午後3時の直前で気づいた、というヒヤヒヤする場面でも、インターネットバンキングから一瞬で入金処理ができます。
便利なインターネットバンキングは、私たちの生活に根付きつつあります。
しかし便利な反面、悪用する人がいるのも事実です。
クレジットカードを利用した不正利用ともども、対策を行なう必要があります。

ページの先頭に戻る